健康のためにはこまめに体を動かそう!

正しい姿勢は、健康になる

昔、小学校の先生から、「姿勢を正しなさい」と、厳しく指導を受けました。姿勢が良い人は、それだけで人に好感が与えられると教えられました。私も、子供の頃は背筋をピンと伸ばして、姿勢の良い子だったと思います。しかし、大人になるにつれ、次第に変わってしまいました。

対人関係が苦手な私は、前を向いて歩くことに抵抗があり、下を向いていることが多かったのです。そのため、猫背気味になってしまい、横から見ると、腰から曲がっているのです。すっかり、姿勢の悪い大人になってしまったのです。背筋がまっすく伸びていないので、お腹にも力が入っておらず、そのせいか、骨盤の回りに脂肪がたまってしまい、すぐに太ってしまいます。先日、テレビで姿勢が悪いことが、健康に悪いという話を聞きました。私は、体型だけでなく健康診断の結果も、ずっと悪かったのです。これも姿勢の悪さが原因なのかもと、思い始めました。姿勢の正しい人は、年を取ってからも元気でいられる人が多いそうです。ふと、学校の先生に言われたことが、頭の中に蘇ってきたのです。

最近、自分の姿を鏡や、ショーウインドウで、できるだけ多く見るようにしました。まっすぐに立っているのか、前かがみで歩いていないか、自分なりに気を付けようと思いました。仕事で椅子に座るときも、学校で教えられたように、背筋を伸ばしています。不思議と、気持ちが引き締まって、気持ちが良いものですね。姿勢を正すことは、健康にも精神的にも、大切なことだと思いました。

Copyright (C)2017健康のためにはこまめに体を動かそう!.All rights reserved.