健康のためにはこまめに体を動かそう!

健康を保つためには姿勢が大事

小さい頃、肩こりがつらいと言っている大人たちを見ても全然ぴんときませんでした。肩がこったことがなかったので、痛いと言われてもどう痛いのか想像ができませんでした。親の肩たたきをしていても、叩いているのに痛くないどころか気持ちいいってどういうことだろうと思っていました。しかし、成長するにしたがってときおり体のあちこちが痛むことがありました。元々姿勢が悪かったので、肩が重いという感覚もわかるようになってしまいました。就職して事務の仕事をするようになると、今度はひどい肩こりになりました。これまでの体のゆがみに加えて、一日中座りっぱなしなので肩も背中も凝り固まってしまっていったのです。ひどいときには頭痛や吐き気がするようになり、日常生活にも支障が出てきてしまいました。

そこで、肩こりを治すために整体へ通うことにしました。まず、体がどんな状態なのか見てもらうと背骨も首の骨も曲がっているということでした。これでは肩がこるのも、いろいろなところが痛むのも当たり前です。マッサージをしてもらうと、こりがほぐれて血流がよくなるのが自分でもわかりました。そして、マッサージに通うことも必要だけどそれだけでは良くならないということを教えてもらいました。肩こり治すのに必要なのは、普段の生活の中でも常に正しい姿勢でいるように気をつけることだそうです。意識して背中が丸まらないようにするだけでも違うということでした。健康のために姿勢はとても大事なものだということがわかりました。

Copyright (C)2017健康のためにはこまめに体を動かそう!.All rights reserved.