健康のためにはこまめに体を動かそう!

健康のためには適度に姿勢を変える

あるプロサッカー選手が入院したと聞きました。その選手は海外でプレーをしている選手とのことです。移動において飛行機を使っているときに症状が出たそうです。それは、エコノミークラス症候群と呼ばれるものだそうです。飛行機には、エコノミークラス、ビジネスクラスなどがあります。一般の人はエコノミークラスです。普通の人が何とか座ることができるようなスペースです。日本国内ならせいぜい1、2時間ですが、海外に行こうと思うと数時間は座り続けることになります。それが問題のようです。血流があまり流れにくくなるそうです。さらに飛行機においては、極度の乾燥状態も加わるそうです。いろいろな条件が重なると問題が発生するのです。

飛行機に乗っているときに起こりやすいのでそのように言われますが、その他の状態でも同じようなことがあります。ある飛行機においては、定期的に体操を行うと聞きました。キャビンアテンダントが指示をして、簡単な体操をするそうです。その場でできる簡単なものですが、これは結構効果があるようです。連続して同じ姿勢を取り続けるのが良くないのですから、それを解消するようにすれば良いことにんリます。仕事をしている時においても、あまり同じような座り方をしていたりすると腰痛や肩こりなどをすることがあります。これは、肩周辺にゃ、腰回りが動かされていないからと思われます。1時間に1回ほど立ち上がって肩を回すだけでもかなり違います。

健康のことを考えるときに、同じような状態になっていないかを意識してみます。そして、なっているときは、ちょっと動かしてみます。集中をしていると、つい動かさないでしてしまうことがあります。パソコンなどを使っている時です。タイマーなどを用意しておいて、定期的に運動するようにアラームを鳴らすようにしておきます。それがなったら、仕事を少し止めて、肩を回したり、その場で足踏みをしたりします。継続的にするようにします。

Copyright (C)2017健康のためにはこまめに体を動かそう!.All rights reserved.